医療現場の救世主

キーボードとノートとスマホ

レセコンなどの医療現場の電気機器の豆知識

レセコンは、レセプトコンピュータの略称で、診療報酬明細書を作成するためのコンピュータのことです。レセプトを導入することにより、診療報酬の計算がとても楽になります。 電子カルテやレセコンを導入する医療機関は、どんどん増えています。総合病院だけでなく、歯科医院や接骨院などでも導入する医院が増えています。医療事務を電子化することにより、様々なメリットが得られます。 電子カルテやレセコンは、医療従事者の事務負担を大きく軽減し、記載ミスや計算ミスを防げます。医療事故の防止にも貢献しています。

電子カルテなどを導入する際に工夫することで得られるメリット

医療機関に電子カルテやレセコンを導入する際には、ITシステム導入の専門業者に依頼するのが最適です。ITシステム導入の専門業者は、コンサルティングのうえ、ITシステムの構築を行ってくれます。 ITシステム導入の専門業者は、導入後の保守やメンテナンスも行っています。診療報酬が改定された時には、レセコンのバージョンアップを行い、新しい診療報酬に対応させます。 ITシステムの操作法や運用管理の説明は、専門のインストラクターを派遣し、事務員に指導を行います。ITが苦手な人に対しても、わかりやすく説明してくれます。システム運用中にトラブルが発生した時には、連絡をすると、すぐにエンジニアが駆けつけてくれるので安心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加