便利で快適なもの

PCを使ってのブレスト

医療の効率化を実現する

すでに診療報酬の保険請求を行う際に必要なレセプト業務についてはかなりの程度電算化されていますが、それに続いて導入が図られているのが電子カルテというシステムです。 電子カルテとは従来紙のカルテに記載していた診療記録を電子情報をして記録・管理することをいいます。医療現場における効率性や利便性の向上を目指して、政府も普及に向けて積極的な姿勢を見せています。 電子カルテが普及すれば、医療現場にさまざまなメリットをもたらすことが期待できます。もちろんセキュリティ対策やデータの破損・消失対策など気をつけなければならない点はありますが、医療従事者はもちろん患者側にとっても利の多いシステムであることは間違いありません。

電子化によるさまざまなメリット

電子カルテの導入によって得られるメリットとして最も大きいのが、診療記録をデータベース化できるという点です。たとえば同じ傷病や同じ投薬を行った過去の症例などを調べる際、紙のカルテであれば記憶に頼って現物を探し出すしか方法がありませんが、電子データであればキーワード検索等によってたちどころに該当の記録を見つけることができるようになります。 また、データをネットワーク上に保存することによって、カルテを離れた場所、たとえば病室・診察室・リハビリ室などそれぞれの場所で参照することができるようになるため、情報の誤伝達が起きにくくなるというメリットもあります。 さらにレセプトシステムや会計システムとも連動させることにより、医療費の計算や請求事務の負担を軽減することも可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加