親指を立っている人達

自分で管理する

カフェでパソコンを

大学の授業は高校の頃までとは異なり、自分で授業を選び単位を管理するシステムです。良い成績をとり続けていると就職活動において推薦してもらえるなど非常に有利になります。

便利で快適なもの

PCを使ってのブレスト

現在、ビジネスの世界においてはほぼあらゆる業種で業務のIT化、諸記録の電子データ化が進んでいますが、医療サービスの分野においても事情は同じです。診療記録をデータ化してくれる電子カルテは注目されています。

医療現場の救世主

キーボードとノートとスマホ

医療現場では電子化が進んでおり、電子カルテとレセコンの導入が進んでいます。電子カルテは、IT化されたカルテで、患者さんのデータを管理するのに大きく貢献しています。

重要な機械

四角い図形を指さす男性

ビジネスシーンで使える動画配信システムは始めて利用する人からするとどんなものかわかりませんが、ココで勉強できます。

現在の取り組みやトレンド

レセコンとは診療報酬を計算するための機械のことであり、多くの医療機関で使用されています。病院やクリニックを運営するためには必需品の1つでありますが、この商品のトレンドや現在の取り組みなどを説明していきます。 一見すると機械と使った計算のため誰でも操作可能と思われますが、実はある程度の医療事務の知識が必要となります。ですので多くの医療機関では、レセコン業務を行う場合には過去の医療事務の経験や資格所持を条件としています。この作業は間違いがあると大変なことになるため、多くの医療機関ではこのような取り組みが行われています。そのため医療事務の知識や経験はもちろんですが、何より正確な文字入力が出来る能力も合わせて必要になります。

それを扱うどんな人たちがいるか

電子カルテを導入している病院や薬局にとって、レセコン業務は欠かせない物となっています。そこでこのレセコン業務を扱う人たちには、いったいどのような方々がいるかを説明していきます。 レセコン業務とは簡単に説明すると診療報酬明細書を作成する内容のため、扱う人についても必然的に限定されます。一般職や主婦には縁がないものであり、病院やクリニックなどの医療機関で使われることが多いです。そのため扱う人たちの紹介となると、医師や看護師などの医療関係者ということになります。しかし現実的には医師は患者の診察を中心に行うため、レセコン業務に関しては看護師が行うことが多いです。なので医療事務経験者であると、その病院やクリニックの受付業務を任させることが多いという傾向があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加